タクシー不足地域・時間帯の白タク 副業解禁&合法になったら需要あるのでは

スポンサーリンク

タクシー不足地域・時間帯の白タク 副業解禁&合法になったら需要あるのでは

この前の金曜日に飲み会に行ってきたんですが飲み会あるあるということで 自分の降りる駅の2、3駅ぐらい前で席が空いたのでとりあえず座ってスマホをいじっていたんですが気づいたら寝てしまいひと駅行き過ぎてしまいました(*>д<)

もちろん終電ひとつ前ということで上りの電車はすでになくタクシーで帰らざるを得ない状況です。

タクシー乗り場で待っていたところ前に並んでいるのは 5人ということですぐに帰れるだろうとしばらく待っていました。

・・・5分経過

まだタクシーは一台も来ない

・・・10分経過

それでもタクシーが来ない

23時半頃嫁に「今から帰る」というline を送ったところ既読マークがついていたので起きている可能性が高い(((・・;)

ということでどうにかして早く帰らないといけない状況(*>д<)

前に並んでる人に「○○まで行く人いたら一緒に乗りませんか?」と聞こうかどうか悩みだした頃 1台の軽自動車がロータリーに入ってきてました

降りてきたおじさん(60才くらいっぽいのでおじいさん?)が

「○△駅と○□駅 行く人いる?」

と聞いてきました。

一番後ろで並んでいたおじさん二人が手を上げて駅を告げたところ

「1500円と3000円ね」

とそれぞれの最寄り駅までの運賃を告げてました。

実際に深夜タクシーに乗ったらもうちょっと金額かかりそうかなって金額だったので深夜のバンバン値段の上がるタクシーメーターをヒヤヒヤしながら見てるより決まった値段で連れていってくれるなら相乗りだとしてもありだなと思いますね。

乗りたい気持ちもありましたが見るからに違法なんだろうなと思って結局タクシーを待ちました。

15分ほど待たされましたが運良く嫁は寝てたので乗り過ごしたことはバレずにすみました(;^ω^)

スポンサーリンク

白タクは違法?

まず白タクの定義ですが

しろ タク  【白タク】

白いナンバー-プレート(自家用車のしるし)の自動車でタクシーの仕事をするもの。法律上認められていない。

三省堂 大辞林より

となります。

記事のネタになるかなと思って調べたところやはりもぐりのタクシー的な白タクは違法とのことでした。

違法となる根拠としては「道路運送法」があり、国土交通大臣の許可なくタクシー事業を行うと「三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科」となっているそうです。

白タクと知ってて乗った乗客に罰則があるのかについても調べてみたのですがネットで調べた範囲では特に罰則は無いようで、もし乗車中に検挙されたら事情聴取で時間がとられてしまう可能性があるってところでした。

安倍首相が白タクを推進しようとする動きも

国家戦略特区諮問会議で安倍晋三首相「過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大する」と述べたことが話題になっているようです。

そんなニュースは知らなかったので詳細はよくわからないですが様々な問題を抱えているとしても過疎地であったり今回のように

「終電乗り過ごしたのにタクシーが全然来ない(。>д<)」

って状況にたいしては一定の需要はありそうだなと思いました。

副業解禁で白タクも解禁になったら小遣い稼ぎになるのでは?

実際の事故に巻き込まれた場合や本業としてタクシー運転手をしてる人に対しての問題等色々とあるんだと思いますが完全個人的な考えとしては問題点を極力ケアしたら白タクもありなんじゃないかなと思います

例えば普通のサラリーマンが休みの前日の夜などに自分の家の近くの駅で終電を逃したり降り損ねた人(自分w)でタクシーを捕まえられない人を乗せるってのはWINWIN の関係になりそうだな~なんて。

けど書いてるそばからそんなことになったら所得の申告しない人がたくさん出てきて税金的にも問題になりそうだなって懸念事項がいくらでも出てくるのでやっぱり色々と問題の方が多そうですね(^_^;)

まとめ

最近は不景気だから白タクをやる人が増えてるのかもしれないですが個人的にはタクシーがなかなか来てくれない駅だったら需要はありそうだなと思いました。

ただ色んな問題があると思うのでそう簡単には解禁とはならなそうですね。

ユーザーとしては終電降り損ねて駅を行き過ぎてもタクシーがいてくれればそれで良いのですが・・・

今日は終電で乗り過ごした+αの話題でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

ではまた(^-^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする