三児のパパです。子育て、埼玉・東京レジャースポット情報、その他役立つ(かも)情報を更新☆

スロットパパさんのお役立ちブログ

10年点検で問題無しでもメンテナンスは要検討

投稿日:

こんにちは。

家を建てて10年が経つ頃に10年点検のお知らせが来てこれからどうしようか色々と悩みますよね。

建売で家を買った場合も注文住宅で家を建てた場合も10年間は瑕疵担保責任があるので売った側が保証をしないといけないことになっていますが、保証が切れた後どのようにメンテナンスしていくかはいくつかの選択肢があります。

うちも10年点検の時点では大きな劣化は無いので急いで大きな修繕はしないでも大丈夫とは言われたのですが、その後色々と検討することになって外壁メンテナンスの会社で無料検査を行ったところ10年点検では指摘されなかった多くの場所の劣化を指摘され10年のタイミングで外壁メンテナンスをすることになりました。

今回は10年点検で問題無しと言われてもほんとに大丈夫なのか自分の体験も踏まえて記事にしていこうと思います。

(外壁塗装の一括見積もり プロヌリ)

10年点検は簡単に短時間で済んでしまうことが多い

家 10年点検

うちはタマホームで建てたのですが10年経過する前のタイミングで10年点検の連絡があり、予約をして点検をしてもらいました。

無料でやってくれる住宅メーカーがほとんどだと思いますが、会社によっては10年点検が有料となるところもあるようですね。個人的には点検が有料なら他で無料点検してもらった方がメリットが多いのではないかなと考えられます。

その点検をしただけで延長保証が効くのであれば良いですが、その後5年、10年の保証となるとほぼ外壁等の追加工事が条件になる場合がほとんどだと思うからです。

10年点検をする前の自分の感覚では、室内でも気になるところは殆ど無いし外壁も見た感じ割れたりコケが生えたりもしてないから、たいした指摘はされないだろなと思っていました。

実際に見てもらったところ確認時間は30分ちょっとといったところで、結果については外壁のコーキング材が一部だけ隙間があいてきているということで、それ以外は特に無しといった報告でした。

コーキング材の補修だけならホームセンターで材料買って自分でやっても良いですよとのことだったので、10年点検といってもこんな簡単に終わっちゃうんだなといった印象でした。

専門業者の無料検査で多くの追加指摘

10年点検直後くらいにたまたま飛び込み営業で外壁塗装業者が専門業者がうちに来て、その話を聞いた妻が10年点検では指摘されなかった外壁の劣化箇所を指摘されて気になったということでとりあえず無料検査ならということで外壁の無料検査をしてもらいました。

しっかり調べてもらうと複数箇所の劣化箇所を写真もとって丁寧に説明してくれました。

10年点検でも指摘された箇所も入ってましたが、それ以外に5か所ほど劣化部分を指摘されたので無料検査の方が細かい点まで見てくれるのだなと感じました。

よく考えたらできるだけ劣化箇所を伝えた方が受注につながる可能性が上がるから調べる方も本気になりますよね(汗)

かなり細かく説明もしてくれたのでおかげで外壁の劣化に関しての知識はだいぶついたので、近所の家の外壁劣化箇所も指摘できるレベルになりました(もちろん本人には言わずに妻と「○○さんの家のコーキングの隙間かなりあいてきてるね」と話題にするだけですが)

実際にそこで撮ってくれた写真などもこちらの記事で載せてるので良かったらこちらの記事も見てみて下さい。

どこに無料検査をお願いすれば良いかわからない場合は一括見積もりサイトで外壁や屋根のメンテナンス費用を見積もってもらう際に無料検査をだいたいしてくれるのでそこで最低2社に相談してみてください。

劣化箇所とメンテナンスのための費用もわかるので参考になると思います。

まとめ

今回は10年点検直後に外壁メンテナンス業者で無料検査をしたところ、追加で多くの劣化箇所を指摘されたことなど説明させていただきました。

10年点検を終えた後は保証を延長するのか自分でメンテナンスを計画的にしていくのかを決めないといけません。

その際にメンテナンス相場を知るためにも細かい検査をするためにもふくすうしでの一括見積もりが大事な工程になってきます。

長く住むマイホームのためにしっかり知識をつけて計画的にメンテナンス計画を組んでいかないとですね。

(外壁塗装の一括見積もり プロヌリ)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

-
-,

Copyright© スロットパパさんのお役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved.