スロットメーカー勤務の三児のパパです。スロット、子育て、埼玉・東京レジャースポット情報、その他役立つ(かも)情報を更新☆

スロットパパさんのお役立ちブログ

外壁塗装の一括見積をしてみて 必要な情報を最小限の対応で収集

投稿日:

こんにちは

家を建ててから10年くらい経つと訪問営業で「外壁塗装どうですか?」とか、分譲地であればご近所さんで外壁メンテナンスをする家が増えて、「そろそろうちもやらないといけないのかな~」と不安になってきますよね。

うちもお金がないからまだ先延ばしで良いかなと考えていたのですが、色々と話を聞いたり情報を集めた結果先延ばしするデメリットより今納得のいく方法でやった方が安心かなということで11年目で外壁修繕を行いました。

その時にやっておいた方が良いのが複数社から見積もりを取ることです。

ネットで自分で個別に探すのも一つの手段ですが、外壁メンテナンスとなるとあまり大きな会社も無いので、どこの業者なら自分の家のエリアが対象になっているのかとか、評判はどんなものなのかといった情報を調べるのも大変です。

そんな時に自分が住んでいる地域で依頼可能なおすすめ業者を一括で紹介してくれる一括見積もりが便利だったので、実際に使ってみた感想とどんなやりとりをしたのか等を書いていきます

【外壁塗装の一括見積もり プロヌリ】

まずは1社から説明を聞いて見積り依頼

外壁メンテナンスといっても初めての経験ならどこを注意してみて、どんな修繕工事をすればよいのかがわからないですよね。

そんな時はまず1社から具体的な対処方法や工事内容の説明と実際に図面等から正確に壁面積を計算した正確な見積りをとるのがまずはやることです。

その際は単に安さだけが目立つ業者ではなく、色々な修繕プランを選べるような業者から話を聞いた方が、それぞれのメリット、デメリットを聞くこともでき他の業者にも見積を依頼する際のチェックポイントもはっきりとします。

また、リフォーム会社の外壁チェックは住宅メーカーの10年点検と比べると格段に細かくチェックしてくれるので、外壁の劣化具合の確認のためにも参考になると思います。

住宅メーカーの10年点検だと今の時点ではまだそれほど傷んでないですねとなりがちですが、リフォーム会社は少しの劣化も見落とさず、ここもあそこも劣化箇所が出てきてますと見つけた方がリフォーム依頼には繋がりやすいですからね(汗)

といった感じでまずは1社見積依頼をしてみましょう。

見積依頼をするのは訪問営業で来た業者でも良いですし、一括見積もりで連絡が来た業者から選んでも良いのでまずは専門家の話を一回聞きましょう。

一括見積もり後の流れ

一括見積サイトはそのサイトに登録している業者から連絡が来ることになるのですが、そのサイトに登録されているのは信頼できる実績のある業者なので、いきなり来た訪問営業のような信頼できるのか怪しいのかわからないといったことはないので、安心して話を進めることができます

実際に自分も使ってみたのですが、登録してから3日くらいの間で5件の業者を紹介してもらいました

一括見積サイトから5社を紹介しますというメールがあった後、そのうちの3社から電話があり、2社からはメールだけが入ってきたというリアクションでした。

あまり多くの業者から連絡きても対応に困るので5社くらいというのがしっかり吟味して選ぶのにはちょうどよい数ではないかと思います。

電話が来た3社からは無料見積のために現地調査に伺ってよいですか?と言われたのですが、一気に来られても困るのでまずは「ちょっと妻と相談するので折り返し連絡します」と伝えてそれぞれの業者のホームページを見てみて、一番良さそうな業者に連絡を取って打合せ予約をとりました。

他の連絡いただいた業者には「ちょっと一括見積もりで連絡きて検討中ですので予定決まったら連絡します」とつたえて、1社目の打合せで壁面積などから計算してもらった見積を聞いた後に、「シリコン系塗装で壁面積〇〇平方メートルで概算で良いので見積お願いします。」と依頼して電話だけでだいたいの見積もり額を聞きました。

1社との相談でだいたい2~3時間くらいかかるので、それを全部の会社に対してお願いするのはこちらの時間も体力ももたないので、1社はしっかりと説明を聞いて他は電話で聞きたいところだけ聞くというのが効率良いのではないかなと思います。

【外壁塗装の一括見積もり プロヌリ】

相談時に聞いておくべきこと

家 10年点検

一括見積もりで大きな目的となるのができるだけ安い業者に頼むということが挙げられると思いますが、値段だけでみると塗り方が簡単だったり、壁以外の付帯部分には塗装してくれなかったり、耐久性の低い安い塗料を使っていたりなど、すぐにまた塗装をしなくてはいけなくなり結果的に高くついてしまう可能性もあります。

チェックしておきたい項目として

・使用する塗料の種類

・塗装方法、塗装回数

・塗装予定の箇所(付帯塗装の箇所)

・工事費用内訳

といったところがあり、どんな工事方法と内容でその見積金額が出てきているのかを確認しましょう。

少なくとも2社くらいは具体的な見積を取りたいところですが、全部の業者に依頼するのは打合せに時間もとられてしまうため現実的ではないと思います。

まず、一括見積もりで電話がかかってきたら、いったん妻と予定確認するので折り返します等と言って、その会社のホームページをチェックして実績や口コミがどんな雰囲気なのかを確認してみましょう。

あまり大きな規模の会社が少ない業種なので、ホームページの力の入れ具合も様々ですが、頼んでみたいと思える雰囲気の会社かどうかホームページも参考になると思います。

この業者は打合せまではしないでも良いかなという業者には壁面積と使いたい塗料の種類を言えば電話だけでも概算の見積もりを教えてくれる場合が多いので、参考情報にはなると思うので、連絡をくれたのも何かの縁ということで、電話で見積の概算を聞いてみましょう。

まとめ

一括見積もりサイトで依頼をすると数日中に3~5社くらいの業者から連絡がくるので、自分の基準で気になる会社と打合せの予約を入れましょう。

自分も話を聞くまでは外壁のチェックポイントやどんな工事方法があるのかはほとんど知らない状態でしたが、一回専門家の話を聞くと一気に詳しくなれます。

その詳しくなった状態でどの業者が良いかを一括見積もりサイトを活用して、効率よく外壁メンテナンスを進めていってみてください。

【外壁塗装の一括見積もり プロヌリ】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

-

Copyright© スロットパパさんのお役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved.