環境新聞(ジュニアエコタイムス)の宿題で役立つサイトや書き方

スポンサーリンク

環境新聞(ジュニアエコタイムス)の宿題で役立つサイトや書き方

こんにちは☆スロットパパさんです(^_^)

子供も冬休みに入って嫁は朝から子供三人いるのでお疲れモードのようです。

そして長男、次男も冬休みの宿題が出たので毎日少しずつは進めているようですが今年も長男の宿題でジュニアエコタイムスという環境新聞を書く宿題が出ました(ーー;)

去年は下調べからレイアウトまで色々と手伝って大変だったんですが今年はできるだけ自分で調べさせて早めに終わらせて欲しいですね。

ということで去年調べた時よりも子供が調べる前提でもう少し解りやすいサイトや検索方法を書いていきますので参考にしていただければと思います。

ジュニアエコタイムスとは?

去年は「環境新聞」というキーワードで参考資料を探したんですが今年は「エコタイムス」で検索してみたところジュニアエコタイムスは埼玉県埼玉新聞社が主催する取り組みということをはじめて知りました。

ということでこの宿題が出ているのは埼玉県の小学生ってことになりそうですね。

夏休みの宿題もそうですが県とかゆうちょとかが主催するコンクールに出す作品という位置付けの宿題が多い気がします。

調べたなかでは朝日新聞社が主催する「朝日エコ新聞」というのもあるようなので(こちらは夏休みの宿題のようです)地域や時期で環境に関する新聞の宿題が何種類かあるみたいです。

参考になるサイト

一年前に調べた記事ですが若干大人目線だった気もするので今年は子供が自分で調べるための参考になる情報を入れていきたいと思います。

ちなみに一年前に書いた記事はこちらになります。

環境新聞の宿題で参考になるもの(小学生)
環境新聞の宿題で参考になるもの(小学生) 過去の受賞作品集、環境省ホームページの参考になる情報

参考にならないことは無い気もしますが「環境省ホームページ」だと小学生にはハードルが高いので自分でやらせるには違うやり方が必要になりますね(^_^;)

ジュニアエコタイムスホームページ

まずはどんな書き方をすれば良いかのイメージをつかむために優れた作品例を見るのが一番です。(親的にもどのレベルで書かせた方が良いのかの参考情報がほしいところです)

で、ぴったりのサイトがジュニアエコタイムスの優秀作品ページです。

さすが優秀作品ということでどの子もしっかり書いていますね。

もちろんこれはイメージをつかむためってことで記事の流用とかはしないよう、させないように気を付けましょうw

スポンサーリンク

「環境問題 小学生」で検索エンジンでヒットするサイト

このページが良いと列挙するのも良いのですが検索方法も大事だと思うので子供が解りやすいページが出てくる検索キーワードを紹介します。

調べてみた感じで参考になるサイトが出やすいのは

「環境問題 小学生」

で検索すると小学生に向けて作られた環境問題に関するページが多く引っ掛かってくるのでここら辺から自分がやりたいテーマを探すのが良いかも知れないです。

小学生のための環境リサイクル学習ホームページ

等、絵も入って小学生が自分で調べられそうなページがヒットします。

また、環境問題の中でテーマが決まったら「具体的なキーワード」と「小学生」を合わせて検索すると狙いに近いページが出てくるかもしれません。

「地球温暖化 小学生」とか「リサイクル 小学生」と一見関係が薄そうなキーワードですが小学生に向けて説明されたページが出やすいので最短ルートで目的のサイトが見つかる可能性があるので試して見てください。

YouTube

長男にパソコンの検索の仕方とか教えて自分でやらせて少ししてからちゃんと調べてるかなと思って覗いてみるとなんとYouTubeを見ていたのです。

「遊んでないでちゃんと調べないと駄目だぞ」

と言ったところ

「ちゃんと調べてるよ」

とのこと。

で、パソコンの画面をよく覗いてみると見ていたのは環境問題を解りやすく小学生向けに解説した動画でしたw

最近の子供にはYouTubeが必須アイテムになってますね。

実際に見てみるとかなり解りやすく説明されている上にその動画が終わるとまた環境系の関連動画が表示されるので自分では探さなそうな動画も次から次へと表示されるので予想外に役立ちそうです。

ってことで冬休み初日の下調べは30分近く環境問題系の動画を見て終わったようです(^_^;)

まぁ、ヒントにして書きたいことが絞れたならそれで良いかなという感じで。

まとめ

うちの子供の小学校では去年に引き続き今年の冬休みもジュニアエコタイムスの宿題が出たのでひょっとすると来年も出るのかもですね(^_^;)

埼玉県の小学校ではきっと同じエコタイムスの宿題がでるところがあると思うのでいきなり環境新聞書かないとってなって何を見て書こうってなったときに少しでもこの記事が役立てばなと思います。

今回は子供自身が見て理解できそうなサイトや調べ方を載せたので子供に考えさせてサポートする形で見守れたらベストですよね☆

去年は「こんなの親の宿題じゃないか!」と不満に思いながらほとんど手伝ってしまいましたが今年はこの方法で自分で書かせてみる予定です。

あっという間に過ぎそうな冬休みなのに漢字ドリルと計算ドリルの他にも宿題あって大変ですが早め早めで終わらせちゃいましょう☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた(^-^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事