ソーシャルゲームのガチャがパチンコ演出のようにエスカレートしている気がする件

ソーシャルゲームのガチャがパチンコ演出のようにエスカレートしている気がする件

こんにちは☆スロットパパさんです。

最近は電車の中で約七割くらいの人がスマホを覗き込んでいて、その中で約半数は何かしらのゲームをしている雰囲気ですよね(今朝の通勤で周りを見渡した体感ですが)。

パズルゲームをする人とソーシャルゲームをする人が圧倒的に多そうですが、これらのゲームはだいたい無料で遊べるけどガチャをすることで強いアイテムやキャラを獲得することができる仕組みになっているものが多いですよね。

自分もパズルゲームではパズドラ、ソーシャルゲームでは神撃のバハムートでそれぞれ三年くらい遊んでた(過去形)ので、その楽しさもわかっています。

モバゲーのサイゲームス関連ということで神撃のバハムートの他にグランブルーファンタジーも登録はしていて少しだけやっていたんですが、最近CMで流れるのはグラブルだけになっていて、自分がやっていたゲームの勢いがなくなっていくのはちょっとさびしい気もします。

最近は電車の中はほとんどをブログを書くのに使っているため以前のように毎日ゲームをするってことがなくなってしまったのですが、たまに覗いたりして仲良くなった人にたまにコメントいれたりとかするくらいでゲーム自体はほぼ放置となってしまっています。

最近ログインだけたまにするのは神撃のバハムートグランブルーファンタジー、そしてなんとなく気になってインストールしてみたマギアレコードになります。

マギアレコードはスロットでも知名度が高くなっているまどマギの外伝ということでちょっと気になってダウンロードしてみて第3章あたりまでゆる~く進めてみている感じです。

今回はそういったソーシャルゲームをみて数年前と今を比べてちょっとパチンコと似てるんじゃないかと思ったところがあったのでちょっと呟いてみます。(ブログ記事ということで呟きにしては長いですがw)

パチンコと似てだんだんエスカレートしていってる?

とくにガチャのシステムについてなんかパチンコのようにエスカレートしていっているんじゃないかなと思うわけです。

スポンサーリンク

ソーシャルゲームでエスカレートしている点

各ゲームでガチャをまわすために必要なアイテムは違うのですが昔はガチャをまわすアイテムはイベントでもらえたりログイン報酬でもらえたりとコツコツと貯めてたまに使うというイメージでした。(無課金者は)

しかし、最近のグラブルのCMでやっているようにキャンペーンで毎日一回10連~100連ガチャが無料でできるとかってなっていて大盤振る舞いな訳です。

自分もとくにグラブル進めてるわけではなく放置状態なんですが、なんかたくさんもらえるならガチャだけやってみるかということでCMの狙い通りガチャだけやってみたりしています。

グラブルだけでなくマギアレコードでは複数のガチャがある中であんまり良いアイテムが出ないガチャですがこれも毎日一回10連続ガチャが引けます。

神撃のバハムートの方でも昔はなかった3000円相当の10連ガチャが定期的に無料でできたりします。

もう今はユーザーが10連ガチャがないと満足できなくなってきていて他のゲームもやってることだしうちも10連ガチャ積まなきゃ(≧Д≦)  みたいな段階に入ってきているんじゃないかなと思います。

パチンコの場合

なんかソーシャルゲームの状況って最近のパチンコの演出に似てきているって感じませんか?

パチンコは昔は液晶も小さかったしリーチもシンプルで分かりやすかったですよね?

役物もついていませんでした。

しかし、液晶の大型化、疑似連や保留先読み演出を含めたリーチ演出の複雑化、ほとんど液晶を覆ってしまうレベルの役物、そして最近は筐体にどでかボタンに飛び出してる特殊構造物と色々と付加されてきているわけです。

これらは他社がこんなものを積んできたからうちも負けずにこんなんしてみました! ってことが年々積み重なって今に至るのかなと思います。

一回刺激に慣れてしまうとなかなかそれを取り外すことはできなくなり、ユーザーもそういう豪華なものを求める人が一定数いることもあってなかなか元に戻ることは出来そうにないのが現状です。

ソーシャルゲームもさらにエスカレートしていくのでは?

今はなんだか10連ガチャをやらないといけなくなってきてそうなソーシャルゲームですが次第に10連では物足りなくなってきて、100連がたまにできるとか、レアアイテムが出やすいガチャが沢山できるとかが当たり前になってくるのかもしれません。

演出面に力を入れるようになるかはなんとも言えないですがひょっとしたら演出も各社豪華になっていくかもしれないですね。

豪華に複雑になると入門の敷居も上がるし休眠者も復帰しにくい

パチンコの場合では複雑な演出は初見の人はわからないし、昔打ってて久しぶりに打とうかなって座った人は演出の多さに疲れてしまうかもしれません。

ソーシャルゲームもだんだんエスカレートしてガチャが多くなったり、アイテムバランスもだんだん強くなっているので二年前に結構オレ強いぜ!って思ってたカードも今となっては二束三文的な位置付けになっています。

そんな状態だと休眠してた人(自分)が久しぶりにやってみようかなと思ってもなんだかやる気が起こらないですよね(ー_ー;)

スポンサーリンク

まとめ

パチンコ、スロットと同様にソーシャルゲームも射幸性を煽って稼いでいる部分があるような気がします。

そのため、「他社がやってるからうちも搭載しないと」ってエスカレートしてるうちにその刺激に慣れた人だけが残れる世界になってしまうのかなと。

パチンコ、スロットは行きすぎた射幸性を抑えるために規制が入ったり、ソーシャルゲームもセットガチャが規制されたりと行きすぎた部分を抑えることが行われて行き過ぎ注意ってことでブレーキがかかるところはあります。

しかし、パチンコ、スロットの増えていく演出やソーシャルゲームのガチャの豪華さを競う部分は規制は入れずらい部分なのでどんどんプラスされていってしまうのかもしれません。

自分としてはスロットにしてもソーシャルゲームにしても長くバランス良く楽しく続けられて、新しく入ってくる人も解りやすいことが大事かなと思うので特定の人だけに届くものではなく広い範囲の人に受け入れられつつも掘り下げて楽しめる要素が大事かなと思います。

どのバランスが良いのかってところはなんとも言えませんがメーカーとしては長く受け入れられるものを出していかないといけないですね。

まとまったようなそうでないような感じですが最後まで読んでいただきありがとうございました☆

ではまた(^-^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事