ジモティーで大型商品を直接取引して送料節約がおすすめ!実際の流れ等を説明

スポンサーリンク

ジモティーで大型商品を直接取引して送料節約がおすすめ!実際の流れ等を説明

こんにちは☆スロットパパさんです。

最近はメルカリやジモティー等、ヤフオクだけでなく中古商品を売る方法が色々とありますね。

不要になったものをどうするかについてですが、お得な順番としては

ネットで売る>中古ショップで売る>ゴミに出す>粗大ゴミに出す

と大まかにわけられますよね。

自分はこれまでネットで売るというのが面倒だなと思っていたのと、そんなに売りたいものが出る機会も少なかったので、たまに出る売れるものはハードオフとかに持っていってました。

ですが、中古ショップでは100円くらいで引き取ってくれれば良い方って感じで、粗大ゴミでお金払うよりかはましかなって程度だったのでそんなに得って訳ではありませんでした。

今回はうまく使えばかなりお得にやりくりできそうだなってことで、最近流行りつつあるジモティーを何回か使ってみてたので感想とメリット等について書いてみます。

 メリットは送料節約の直接取引

ネットで売るにはメルカリが勢いもあって回転率も高いと思いますが、ネックは送料がかかってしまうってところですよね。

小物で単価が高いものなら送料の割合は気にならないくらいかと思いますが1000円で売りたいのに送料が1000円かかってしまうみたいなものって結構あるんではないかと思います。

今回自分がジモティーで取引したのは赤ちゃん用品でどれも両手で抱えるような大きなサイズのものばかりでした。

商品名を書いてしまうと自分が出した商品がわかってしまいそうなので商品名は書かないですが、5000円で半年前に中古ショップで買ったものが3000円で売れたり、1500円で買ったものが1500で売れたりしています。

新品で4000円で買ったものは中古ショップの相場くらいの1000円になりましたが、中古ショップで売るよりもはるかに高い値段で取引することができました。(多分中古でショップなら50~100円で買い取りになる予想)

まだ売ってないですがベビーベッド、ベビーカー、チャイルドシートなんかも需要がありそうなのでそのうちジモティーで出す予定です。

自分が取引したものはもし送料をかけて送ろうとしたら、どれも別途1000円くらいかかりそうなものなので、そうなると中古ショップの方が安いってものが出てくると思います。

ジモティー最大のメリットは直接取引で送料が無くせる分ちょうど良い値段で出品できるので出品者、購入者が共にお得に取引可能ってところですよね。

値段設定は?

6個出品したんですが、やはり需要がありそうなもので値段設定がちょうど良いものには、しっかり問い合わせメールが入ってきました。

自分の場合は三男の赤ちゃん用品は結構な割合で中古ショップで購入して中古ショップでの相場は理解していたので、中古ショップよりも2割くらい安いかなってくらいの値段設定にしたものが多かったです。

中古で1500円で買ったものがジモティーで1500円で売れたってものもありましたが、新品に近い綺麗さで購入したものだったので状態が良いものだったら中古ショップと同じかちょっと高くても売れるケースはあるんではないかと思います。

やはり探す側も新品で買うのは高いから、どうにか中古で見つからないかなと探してる最中のケースが多いので、中古ショップやネットで送料を抜いた金額の相場を把握しておいて、それよりも少し安いくらいで出品すると早期の取引成立となると思います。
スポンサーリンク

ジモティー内メールでのやりとり

ジモティーで出品するとジモティーのメールにメッセージが届きます。

普通に通知設定をしていればスマホの画面に通知が届いた旨の表示が出るので問い合わせや返事があった場合はすぐに気がつくことができるので結構便利です。

またラインのように既読機能もついているので、待ち合わせの際のリアルタイムなやりとりにも充分使えるのでジモティーアプリ内でやり取りがすべてできてしまいます。

やはり直接メールとかラインってのはハードル高いので、ジモティー内のメールだけでやりとりが完了できるっていうのは親切設計ですよね。

取引場所や取引方法は

ジモティーは取引方法はメールでやり取りして決めることになります。

もちろん郵送にするって方法もあるかと思いますが、大多数は直接取引で送料がかからないようにしてる場合が多いと考えられます。

ジモティーの注意書でも「取引を直接する場合は人目のある場所で行ってください」とあるので駅前ロータリーとかコンビニやスーパーの駐車場等わかりやすい場所が良いとおもいます。

ソファー等の大型家具を引き取りにきてもらう場合は、自宅にきてもらうってケースもありそうです。(家に来てもらうのは抵抗あるって人が多そうですが)

自分の場合は三回とも最寄り駅の駅前ロータリーに来てもらうって方法で直接取引をしました。

取引当日の流れ

人によって違うこともあるかと思いますが、三回とも同じような流れだったので当日の流れを書いておきます。

ジモティーメールで取引内容が決まって当日を迎える訳ですが

1.予定通りの時間で大丈夫かの事前確認メール

行ったのに待ちぼうけとかは回避したいですからね。

2.お互いが車の場合は自分の乗ってる車の車種と色を教える

これを伝えておくと車を停めてすぐに取引相手だと気がつくのでスムーズに相手を見つけられます。

3.商品の確認と料金の引き渡し

商品の補足説明があったりする場合は簡単な説明と現物の確認を簡単にしてもらいます。

ただ、三回ともじっくり見てもらうって感じではなく、パッと見で「大丈夫です(^_^)」って流れだったので、細かく確認するって人は少なそうな気がします。(もちろん欠陥がある場合はしっかり事前に伝えた方が良いと思います。)

そして、取引相手は三回とも茶封筒に料金を入れて渡してくれたので中身の金額の確認をします。

それでお互いに問題がなければ取引完了となり、「ありがとうございました☆」と挨拶して終了って感じで1、2分くらいでサクッと終了してしまいました。

4.相手の評価とコメント入力

そのあとは家に帰ってからジモティーで出品した商品を「取引完了」にすると、相手の評価とメッセージを入力することになるので、それらの項目を入力すれば取引完了となります。

スポンサーリンク

メリット、デメリット

やはり一番のメリットは直接取引ということで、送料分を節約できるので売る方は高めに、買う方は安めに商品の取引ができる点ですね。

また、中間マージンを取られることも無いってのもメリットで、よりお得に取引ができます。(ジモティーは何で稼いでいるかというと、出品商品の間に挿入される広告で利益を出してるようです)

また、直接やり取りをするので商品を渡して喜んでもらえてるのを見るのもなんとなく良い気分になるので、他よりも高く売れて更に良いことをした感じになれるってのはクセになるかもです(!?)

また、人によっては「赤ちゃん何ヵ月ですか?」とか少しだけ雑談したりってのもあったのでちょっと話をするってこともあるかもしれません。

デメリットとしては直接やり取りをするために時間の都合をつけなければいけないので、そこで自分と相手の予定を合わせないといけないってところが大変なところかなとは思います。

また、まだユーザー数がそこまで多くないのか同一市内からの出品は1日に数件(一桁)って感じが多いので、出品する方も買う方も運次第って要素があるので、探したいものが常に見つかるかというとその点は弱いとこだと思います。

自分の場合は出品してから一週間後に取引希望メールが来たのが2件、2週間後に希望メールきたものが1件という感じだったので、取引スピードに関してはメルカリやヤフオクの方が早いんじゃないかなと思います。

焦らずメールが来るのを待ってリアクションがなければ値下げして再チャレンジして、それでもダメなら中古ショップコースですね。(残り3点は全く問い合わせが無いのでそろそろ値下げしてみようかなと(^_^;))

まとめ

実際にジモティーを使ってみての感想ですが、今までだったら中古ショップでただ同然で売っていたものが結構高めの値段で売れたので、これから何かを売ろうとする場合は最初にジモティーを試してみようと思います。

うまく使えばかなりお得な取引ができるので、興味があってまだやったことがない人は一回試して見てください☆

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた(^-^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あなたにおすすめの記事
あなたにおすすめの記事