スロットメーカー勤務の三児のパパです。スロット、子育て、埼玉・東京レジャースポット情報、その他役立つ(かも)情報を更新☆

スロットパパさんのお役立ちブログ

お出かけ

日光日帰り旅行~子供も楽しめるおすすめプラン

更新日:

日光日帰日光日帰り旅行~子供も楽しめるおすすめプラン

こんにちは☆スロットパパさんです。

 

日光観光というと東照宮ってイメージでなかなか子供が小さいうちは一泊旅行、日帰りレジャーの対象になりづらいところがあるかもしれません。

 

実際うちも子供が小学生になるまではまだかなってことで、子供が遊べるスポットが多い那須が多かったのですが、今回日光に行ってみて子供も妻も満足の日帰り日光旅行となったので、備忘録兼おすすめ日帰り旅行コースとしてまとめておきます。

 

日光日帰り旅行の日程

まず今回の実際の日帰り旅行日程を書いておきます。

 

ちょっとここが時間足りなかった、とかもうちょっと下調べしておけば良かったというところもありますが、それなりに充実したコースになった気がします。(ちなみに移動はすべて車です)

 

 

①8:00  家出発

②10:45     中禅寺湖到着 栃木県営湖畔第1駐車場に駐車

③11:30~12:20 遊覧船周遊コース(船の駅中禅寺発着)

④12:45~13:45   遊覧船発着駅のそばの土産屋兼食堂でランチ

⑤14:00~15:15 華厳の滝

⑥16:00~17:15 日光東照宮

⑦17:30~19:30 日光和の代温泉 やしおの湯で日帰り温泉

⑧20:30~21:30 佐野SAで夕飯

 

 

といった感じです。

 

事前に決めていたコースは11:30の遊覧船に乗って昼飯食べて華厳の滝、時間と天気が大丈夫だったら日光東照宮、最後の日帰り温泉と夕飯はそのときの流れでといったところでした。

 

スポンサーリンク

中禅寺湖、華厳の滝での駐車場情報

まず、中禅寺湖を目的地として行くのですが遊覧船乗り場のところに駐車場が隣接してるのかと予想してたのですが停められそうな駐車場が目の前に見つからないのでまず一つ目のプチアクシデント発生ですw

 

焦りを隠しつつ(?)道路を見るとすぐに「駐車場はこちら」というしっかりした看板を発見。

 

看板通りに進むと少し坂を上がった場所に湖畔第一駐車場という220台停められる公共駐車場があります。

 

ここの値段は310円となっています。

 

無料の小さい駐車場も探せばあるようですが規模と遊覧船乗り場までのアクセスを考えるとこの湖畔第一駐車場をナビで入れて向かうのが一番無難な気がします。

 

湖畔第一駐車場からは遊歩道が延びているので遊歩道で通りを渡ってエレベーターで降りるのがスマートな道のりになります。(行きは気付かず車が登る坂道を降りていってしまいました)

 

また、その次の目的地になりますが華厳の滝の駐車場情報も書いておきます。

 

中禅寺湖の駐車場はちょっと探すことになって心配していたのですが、華厳の滝の目の前に公共駐車場として華厳第一駐車場(138台)と華厳第二駐車場(62台)があり、こちらに停めてすぐアクセスすることができます。

 

(華厳の滝の駐車場も310円)

 

中禅寺湖遊覧船

中禅寺湖遊覧船

 

無事車を停めることができ、予定の11:30の船まで15分ということで急いで船の駅中禅寺でチケットを買いました。

 

中禅寺湖遊覧船は中禅寺湖を一周できるコースと一部を乗るコースがありますが大多数は船の駅中禅寺からの一周コースになると思います。

 

一周コースの乗車券は大人・中学生以上1250円、小学生650円となっています。

 

乗車すると一階、二階に席があるのですが一番速攻で埋まるのが二階の先頭のドアを出ての小さい甲板エリアになります。

 

ここは人が一列ずつくらいしか入れないので合計20人くらいでいっぱいになってしまうエリアです。

 

乗った時は出遅れてこの先頭エリアが埋まってしまっていたのですが、途中下船する人や途中で船内に戻る人もいるので、

 

「やっぱり前で見たい!」

 

という場合は先頭エリアが見える場所で場所が空くのを待つのもありかもしれません。

 

うちはスタート時には先頭エリアに入れなかったのですが、最初の途中下船駅で何人か中に入ったのでそのタイミングで外に出て途中から約30分先頭エリアで景色を見ることができました。

 

上野島(こうずけ島)

 

男体山

 

外に出ると船内の観光アナウンスは聞こえませんでしたが、子供的にはやはり外で景色見るのが楽しめますね☆

 

 

華厳の滝

華厳の滝は実に小学校の修学旅行以来でした。

 

迫力があったという記憶だけはあったのですが実際久しぶりに見てかなりの迫力でエレベーターで降りた観瀑台まで滝の水しぶきが飛んできていて子供たちもおおはしゃぎでした。

 

華厳の滝

 

駐車場から100mのエレベーター(大人・中学生以上 550円、小学生330円、小学生未満無料)を降りるとトンネルのような通路が少しあり、そこを抜けると観瀑台に出ます。

 

通路は途中階段があったりとなっているのでベビーカーで行くのは難しい作りなので、ベビーカーは車に置いておくか入り口に置いておいて赤ちゃんは抱っこひもか抱っこで入らないと厳しいです。

 

エレベーター乗り場の近くには売店や食事処があるのでそこで休憩や食事をとることもできます。

 

うちはちょうど3時頃だったのでソフトクリームだけ食べて次の目的地へ向かうこととしました。

 

日光東照宮

日光東照宮へ向かったのですが駐車場に停められたのがちょうど16時頃ということで、東照宮の参観時間終了の17時までは一時間となっていました。


8月末の子供の夏休みの月曜に有給を取って行ったのですがそれでも東照宮付近は渋滞していたので、土日に行く場合はもっと早く着けるのが良いと思います。

 

せっかく来たんだし、ちょっと急ぎになっちゃうけど見に行ってみようってことでちょっと急ぎ目で見てまわることになりました。(大人1300円、子供450円なのでもっと早くついてゆっくり見れたら良かったです(涙))

 

やはり、世界遺産にも登録され徳川家康が祀られているとあって豪華で見ごたえのある建物と彫刻のオンパレードでした。

 

五重の塔

 

入り口付近の五重の塔に始まり最も豪華な作りとも言える陽明門はやはりインパクト大でした!

陽明門

陽明門

 

ちょっと曇りで暗めですがご容赦ください(この数分後にゲリラ豪雨で本堂で雨宿りすることにw)

 

そして、そこら中に彫刻があるので思わず見過ごしそうになりますが、要所要所に有名な彫刻があります。

 

三猿と眠り猫は子供にも教えておきたい要チェックポイントだと思います。

 

三猿

眠り猫

眠り猫をくぐって奥に行くと200段の階段があって奥の宮に続くのですが残り時間も40分を切って本殿もまだ見ていない状況で雨も降りだしたので奥の宮は諦めて本殿を見ることにしました。

 

本殿を見終わって残り15分となり出ようかなと思いながら歩いていると人が入って行く建物があったので最後にそこに入ってみようということになりました。

 

その建物は薬師堂で中でお坊さんが案内と説明をしてくれました。

 

その天井にあるのが大きな龍の絵でお坊さんが拍子木を叩くのですが鳴き龍の顔の下からずれた場所で叩いた時には何もないのですが最後に鳴き龍の顔の下で拍子木を叩くと大きな共鳴と共にしばらく音が響きます。

 

自分もビックリでしたが子供たちも

 

「スゲー!」

 

といった感じで貴重な体験をできたので東照宮に行ったら薬師堂の鳴き龍はしっかり聴いておきましょう。

 

そしてお坊さんのクオリティも高く観光客に合わせて数ヵ国語での案内に対応してるみたいです。

 

東照宮の中の下調べをほとんどしてなかったのでもっと理解してまわれば良かったなと思いました。(奥の宮に家康が祀られているってのを知ったのは帰った後だったのでw)

 

ちなみに観覧時間ちょっとくらい過ぎても少しは見てられるのかなと思ったら17時になると

 

「監視カメラが動き出すので早急に門の外に出てください」

 

と係員の人に言われてしまうのできっかり17時までとなってるのでやはり奥の宮まで見るためにも一時間半は見れるようにスケジュールをたてれば良かったなと思いました。

 

 

日帰り温泉 日光和の代温泉 やしおの湯

東照宮を出て車に着いたのが17:15分ということでそろそろ夕飯をどうするかを考えなくてはいけません。

 

最近のうちの日帰り旅行の流行りとして、最後に日帰り温泉入って夕飯食べるコースってのが多くなってます。

 

子供は車で寝て帰ったら布団に直行というということで、温泉でなんとなく一泊旅行したような気にもなり、1日フルに遊べる上に帰ってからも楽なので良かったら試してみてください。

 

この日は以前行ったことがある日光大江戸温泉物語で温泉を考えていたのですが、下調べ不足で日帰り温泉の人は18時までとなっていたので断念し、その場で近くで温泉入れる場所を探しました。

 

おすすめの温泉を調べたところ、やしおの湯という市営の日帰り温泉が中学生以上510円、小学生250円で入れるってことだったので、そこに行くことに決めました。

 

ほんとは夕飯もそこで食べたかったのですが、食堂は平日は17:30、土日は18:30で閉まってしまうとのこと(早すぎる・・・)

 

温泉は21:00までやってるんだから食堂も20時くらいまではやってて欲しいですよね。

 

やしおの湯に向かう道路沿いに食事処があれば入ろうと思って探しながら行ったのですが、全然そういった店が見つかりませんでした。

 

ということで夕飯は温泉に入った後でちょっと遅めの高速のサービスエリアでと決まりました。

 

やしおの湯ですがさすが市営で市民は少し安いというのもあって、半分くらいが地元のおじいちゃんおばあちゃんで半分が観光客かなといった比率でした。

 

温泉は大きめの内湯と中くらいの露天風呂だったのですが、どちらもキレイで温度もちょうど良かったのでとても快適でした♪

 

お風呂上がりも広くてきれいな休憩所があるので、ここで夕飯まで食べられるコースで来れたら理想的なプランに出来たのに・・・

 

まぁ、家族全員気持ちよく温泉も入れたので良しとしておきましょう☆

 

 

やしおの湯は高速出口のすぐそばなので、ちょっと休憩してあとはパパが運転頑張るコースです。

 

帰りはすぐにはサービスエリアが無く、結局最初のサービスエリアが佐野SA だったので、そこでちょっと遅めの夕飯を食べてあとは家までとなりました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

子供を連れてのはじめての日光日帰りコースだったのですが、子供も妻も楽しんでくれたようで良かったです。

 

若干下調べ不足でもう少し効率良くまわったり、朝出る時間を更に早くしたら更に満足な日程になったのかなと思います。

 

幼稚園、小学生くらいなら楽しめるコースだと思うので日帰りでも一泊でも日光旅行を検討してる人の参考になればなと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

 

では良い旅行を( ^-^)ノ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

-お出かけ

Copyright© スロットパパさんのお役立ちブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.