パチスロ押忍!番長3次第でこれから数年のスロット業界の運命が決まる!?

スポンサーリンク

パチスロ押忍!番長3次第でこれから数年のスロット業界の運命が決まる!?

こんにちは(^^)

2017年4月3日導入予定の「押忍!番長3」スペック筐体デザイン等の情報が出てきましたね♪
ここ半年くらいで出てきた注目機種にたいして今度こそはヒットしてくれるかなと期待してもことごとく期待を裏切られる中で番長3(サラリーマン番長を番長3と呼ぶ場合は番長4と言う場合も)に期待できるかどうかというとこを考察してみたいと思います(^^)/

まず予想としてですが前評判で期待が大きかったものの稼働が思わしくなかった、まどマギ2、北斗の拳 修羅、バジリスク3、モンスターハンター狂竜戦線よりは良い結果を残してくれると予想します。

良い結果となりそうな理由

では良い結果となりそうな理由を挙げていってみます☆

設定5、設定6の機械割の数値が新基準トップの116%と119%!

設定5、設定6の機械割の数値が新基準トップの116%と119%となってます!

最近出た注目機種はどれも機械割が良いものでも設定6で115%くらいかそれ以下といったところでやはりホールでと万枚突破する台が非常に少なく「がっつり出るかも!」と期待して座れる台がまったく無いです( ̄。 ̄;)

新基準機でも119%の台がなかった訳では無いですが人気の無い台だと設定6なんか使ってくれない訳で119%が活かせてなかったですよね。

番長3ならどのホールに行っても島で設置されることになると思うので各ホールが出玉競争をしてくれればユーザーも高設定目当てにホールに行ってホールが賑わうって良いサイクルに入ってくれるのでは(と期待したい(>_<))

前作からスペックダウンしてない

評判の良かった番長2から見ると純増スピードも同程度でスペックダウンとしては見えないです(サラリーマン番長がAT機で2.8枚純増でしたが(^-^;))

やはりまどマギ2、バジリスク絆、モンスターハンターは前作がまだホールに多く設置されてる状況で導入されたのでやはり出玉性能では勝てなくすぐ稼働がダウンしてしまうって状況だったのでそのリスクが少ないのは利点だなと思います☆

番長シリーズはなんだかんだ言って外れが1回もない

番長シリーズはなんだかんだ言って全部長期稼働しています(番長、番長2、サラリーマン番長)(≧∇≦)b

最初からものすごい評判が良い訳ではないケースもありましたがホールにとって入れて損したという機械もなくゴッドシリーズに並ぶかなり安定した存在だと思います☆

演出が単純でわかりやすい

番長シリーズの演出は単純かつ気持ち良いってものが多いです(^^)

初見でも何が起きたら熱いとかこのキャラクター出れば勝てそうとか特に攻略本を読まなくても伝わるってところは他の機種と比べて洗練されてる気がします☆

紙相撲してるだけでも期待して見ちゃいますよね♪
ただ今回は気合いの全面液晶に加えてサブ液晶まで積んでるようなので過剰すぎる演出になってなければいいかなと・・・(パチンコを追ってひたすら金のかかる筐体競争はそろそろ終わりにして欲しいですね( ̄。 ̄;))
ですが懸念点もいくつかあるにはあります・・・

懸念点

天井がベル200回(平均1400~1500)

天井がベル200回(平均1400~1500ゲーム)ということで天井が高すぎる上にベル回数といことで不定になるので遊技者が追いかけ辛いですね( ̄。 ̄;)

天井くらって単発終了を経験した人はもう打ってくれないかなと…

ホール自体に体力が無くなってる

ここのところ続いているハズレ機種のせいで減価償却できてない機械だらけというホールが多そうなのでまたしても頭から回収モードって可能性が高いです。
低設定は設定通りに飲み込む機械が最近多いのでそういう台だらけだとさすがに客もいなくなりますよね(つд`)

まとめ

良さそうな理由と懸念点とがありますが最近の中では1番期待出来る機種だと思うのでどうにかスロットが賑わって欲しいという期待も込めて番長3が輝いてくれることを願いたいです(>_<)

番長3で駄目なら今可能なスペックと大型コンテンツ全て試した感が出てきますのでこれで駄目ならもう規制緩和でもしてくれないと面白い機械作れないんじゃないかと思うわけです(-ω-;)

スロットメーカー社員としても死活問題ですのでどうにか業界が元気になって欲しいです(>_<)(出来ることなら趣味を仕事にし続けたいですしね♪)

では結果しばらく先になりますが期待して待ちましょう(^^)/

5.9号機どころかそれ以上の規制が来るかもって噂もありますがそちらの方は…概要わかったらまとめますね((((;゜Д゜))))


パチスロランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする