スロットメーカー勤務の三児のパパです。スロット、子育て、埼玉・東京レジャースポット情報、その他役立つ(かも)情報を更新☆

スロットパパさんのお役立ちブログ

10年点検に合わせて外壁・コーキング・屋根を合わせてメンテナンス

投稿日:


10年点検に合わせて外壁・コーキング・屋根を合わせてメンテナンス

 

こんにちは☆スロットパパさんです。

 

築10年で住宅メーカーの10年点検をする家は多くあると思います。

 

点検までは無料でやってくれるところが多いかと思いますが、そこで必要と診断されるメンテナンス工事については大抵の会社が有償になります。

 

その際に明らかに劣化したところだけをピンポイントで補修して、できるだけ節約したいと思ってメンテナンスは先伸ばしにしようと思ってました。

 

しかし、色々と調べたり業者から聞いたりするなかで、家の状態が良い時に早めのメンテナンスをしておくことで、結果的には節約になる可能性が高いのだなと考えるようになり、10年目のメンテナンスでは長期間メンテナンスが無くて大丈夫とすすめられたアルミサイディングを頼みました。

 

アルミサイディングも一つの選択肢ですが、塗装をするとしても足場を組むのに合わせてまとめて壁、コーキング、屋根のメンテナンスの必要性を検討しておいた方が良いと思います。

 

今回は、記事にしておこうと思います。

 

 

外壁の種類によって耐久年数もメンテナンスサイクルも変わってくる

外壁の種類によって耐久年数もメンテナンスサイクルや注意を払うべき箇所が変わってきます。

 

建てた当初は「外壁としてはメンテナンスが定期的に必要になってきますよ」と簡単な説明だけ聞いて、すっかり忘れてたなんて人が多いかと思いますが、気がつくとその時が来てしまうのです。

 

基本は自分の家でも使っていて圧倒的多数の家が採用している窯業系サイディングについて説明しますが、その他のサイディングについても簡単に触れておきます。

 

窯業系サイディング

 

圧倒的に多い外壁というのが「窯業系サイディング」となります。

 

最近の建物では実に8割が窯業系サイディングを外壁に使っているとのことです。

 

窯業系サイディングのメリットとしては

 

・デザインが豊富

・耐火性がある

・工場製造のパネルのため品質が安定

・工期が短い

・値段も高くはない

 

 

ということで多くの家で採用されています。

 

デメリットとしては

・コーキング材の劣化も考慮しないといけない

・表面の防水性能がなくなる前にメンテナンスが必要

 

といったところが挙げられます。

 

モルタル

塗り壁ということで昔の主流の工法であり、最近でも南欧風の家を中心に採用されています。

 

メリットとしては

・継ぎ目が無いので様々な形状に対応できる

・様々な工法で表面の風合いを選べる

・耐火性がある

 

デメリットとしては

・職人仕事なので人による技術の差が出る

・工期が長め

・汚れが目立ちやすい

・ひび割れができやすい

 

といったところが特徴になります。

 

金属サイディング

金属サイディングとは金属板を成形して、断熱材で裏打ちした外壁材で、表面の金属板の種類としては、溶融亜鉛メッキ鋼板・ガルバリウム鋼板・アルミニウム合金などがあり、金属板の種類によって耐久性やコストに大きな差があります。

 

軽量な外壁材ので、今ある外壁の上から重ねて施工する重ね貼りにも使用されます。

 

メリットとしては

・水、ひび割れに強い

・メンテナンスサイクルが長い

・軽い

 

デメリットとしては

・設置コストが高い

・へこむ可能性がある

 

といったところがあります。

 

寒冷地で特に多く採用されその他の地域でも注目されている材料です。

 

余談ですが、我が家では最終的に金属サイディングのアルミサイディングで築10年目での外壁メンテナンス(外貼りのカバー工法)をすることになりました。

 

10年点検と業者見積で指摘された箇所+確認しておくべき箇所

 

外壁の劣化の確認方法については営業さんに色々と聞くまではまったく知りませんでした。

 

しかし、一通りの確認箇所を聞いた今はご近所さんの外壁を見ていて

 

「ここの家は結構きてるからそろそろ工事しないといけないんじゃないかなぁ」とか「ここの家は結構状態が良さそうだな」ってのがわかるようになった気がします。

 

営業さんに聞いたこと、ネットで調べたことに基づいて外壁の劣化の種類について書いていきますので、まずは自分で家の外壁を確認してみましょう。

 

コーキング(シーリング)の劣化確認

 

コーキングの劣化は10年くらいでも発生してきます。うちの場合は数カ所わずかな隙間が発生してきてるということで程度としては軽めではありましたが劣化が目に見える状態になっていました。

 

コーキング材の劣化症状としては

 

・コーキング材が剥離して隙間が開いてしまう状態

・コーキング材に細かいひび割れのようなものができている状態

 

が良く発生する症状になります。

 

うちの外壁では全体的には状態は良いと言われたのですが、部分的に劣化している箇所が出てきていて、そのまま放置は良くない箇所もあるということでした。

 

写真としては以下のような箇所が複数個所指摘されました。

 

コーキング材の隙間

コーキング材の隙間

 

対応方法としてはそのまま放置は良くはないので、ホームセンターでコーキング材を買って直しても良いですよと言われました。

 

しかし、そのうちの一か所がベランダの外側・・・ はしごもないし色々難しそうなんですけど・・・といった感じでした。

 

コーキング材が位置するのは部材のつなぎ目となりますが、劣化してその部分に隙間が空くと建物内部に水が入り込んでしまう可能性があるので、割れ目や剥離してしまっての隙間が出てきたら早めの補修が必要になります。

 

実際に築10年が経過した自分の分譲地を回ってみると、素人目で散歩がてらに見ても

 

このコーキングの隙間の開きかたはヤバイんじゃないの?

 

と言える家が3割くらいあったので結構他人事ではないこととして築10年にもなったらしっかりと家を一週して確認した方が良いと思います。

 

 

ひび割れ

 

ひび割れは0.3㎜以下のヘアークラックと呼ばれるひび割れや、0.3㎜以上の構造クラックと呼ばれる建物の防水性に危険性があるひび割れなどがあります。

 

0.3㎜以下のひび割れだと即メンテナンスではなくても良いと言われていますが、0.3㎜以上の構造クラックとなると早期の補修が必要になってきます。

 

0.3㎜以上の構造クラックであると、構造の内部にまでヒビがはいっている可能性が高くなります。

 

そうなると雨の度に毛細管現象でそのヒビを伝って内部に水が浸入してしまいます。毛細管現象で建物内部へ水が入ってしまうと、内部はなかなか乾燥しなくなるのでカビのもとになったり、内部の木材がずっと濡れた状態となる可能性もあります。

 

うちの場合はひび割れはほとんどなかったのですが、10年点検ではなく外壁業者の確認で以下の箇所がひび割れとして指摘されました。

 

ほとんどひび割れは無いようだったのですが皆無というわけではなく、写真を見ると確かにヒビが入っているなと認識できる箇所ができていました。(よくこんなに細かい箇所見つけてきたなって気もしますがw)

 

外壁のひび割れ

ひび割れ

チョーキング

チョーキングとは外壁を手で触ると、粉が手についてしまう状態が発生していることをいいます。

 

この状態になると、外壁塗料の防水性能が失われている状態を示し、その状態になると表面から水がしみ込んでいってしまうことになります。

 

隙間から水がはいるもの怖いですが、表面全体が水を吸ってしまう状態と聞くと一刻も早く対策しないといけないなと思いますよね。

 

チョーキングについては10年点検、業者確認でも指摘されなかったのでチョーキングの発生についてはセーフということでした。

 

 

 

苔やカビが生える

 

苔やカビが生えるのは湿度が高い箇所ということで、空気の通りが悪い場所、もしくは外壁が水を吸うようになってしまってい箇所で発生しやすくなります。

 

うちでは梅雨の時期のベランダの内側の下部に少しコケが生えてしまいます。

 

梅雨時期でベランダの内側で風通しが悪いからって要因はあるかと思いますが、油断はできないですよね。

 

今回の相談でチョーキングに関する知識も増えたので自分でも確認してみたところ、チョーキングは発生していなかったので外壁の劣化による深刻な苔というわけではなく、梅雨のジメジメでベランダの内側の一部に苔がはえてしまったという感じでした。

 

カビや苔となると単なる汚れではなく生き物なので、増殖する前に早めの対策が必要になってきます。

 

コーティングの機能は大丈夫だけど風通しが悪くて発生した苔なら早めの掃除で対応出来ますが、コーティング機能が落ちて壁表面から水を吸ってしまっての苔だった場合は早急な対応が必要になります。(苔を訪れる際は柔らかいスポンジなどで落とした方が良いとのことです。デッキブラシ等でゴシゴシこすってしまうと、表面コーティングが劣化しまうので)

 

色あせ

色あせは紫外線の影響によって起こります。

 

薄い色の家ではわかりにくいのですが、ご近所さんでも焦げ茶色の外壁であったり、ダークグレーの外壁にしている家を良く見ると、南側のベランダ等の1日を通して日光が良く当たる外壁の色が大きく色あせて、日陰となる面の色と大きく変わってきている家があります。

 

色あせて表面の塗料も劣化しているとなると、防水機能に問題が生じてきている可能性があります。

 

美観も大事ですが防水機能が最優先だと思うのでしっかりとケアをしていかないとですね。

 

うちの外壁はベージュといった色合いで大きな色あせは無いような気はするのですが、今写真を撮ってみると新築当初はもう少し色合いの変化があったような気がするので少し色あせてしまったのかなと思います。

 

自分の家の外壁はそこまで大きな変色はわからないですが、ご近所さんでこげ茶とか濃いグレーの外壁の家を見てみると、日に当たる南側とあまり日が当たらない東側の壁でかなり大きな色合いの変化が起きている家が複数件ありました。

 

そのことを考えると、色が薄めの壁材の家はあまり色あせ度合いは判りづらいですが、やはり10年もたつと紫外線等により塗装されていた塗料も劣化してしまうようです。

 

【外壁塗装の案内所】

 

スレート屋根の場合は10年メンテナンス時に補修の検討を

タマホームで家を建てる時に

 

「屋根材は瓦の方がメンテナンスを考えると得ですよ」

 

といわれ、そのアドバイスを受けて近所のスレート屋根の家を見たところ、確かにちょっと古めの10年~20年くらい経ってそうなスレート屋根の家を見てみると、明らかにくたびれてきているなという家や、北側の日が当たりにくい側の屋根に苔が生えてしまっているなという家が多くありました。

 

それを見て家の屋根は瓦にしたので、10年目のメンテナンスは必要なさそうなのですが、スレート屋根にしている場合は壁と一緒に屋根もケアすると家が多いとのことなので足場を組むのに合わせて一緒に見積りや相談をしてみるのが良いと思います。

 

また、うちの場合は去年台風でアンテナが傾いた時に屋根のズレが発見されたので、瓦にしているという家でも外壁メンテナンスで足場を組むときに一緒に屋根の点検をしてもらって何か問題がなさそうかを確認してみるのが良いと思います。

 

スレートにおいても塗装をするメンテナンスと重ね張りのカバー工法があるのでどのスタイルでメンテナンスをするかをしっかり検討してみてください。

 

 

 

足場を組むタイミングで一括メンテナンスの検討を

10年のタイミングで早急にメンテナンスが必要となるまで外壁や屋根が劣化してしまうということはほとんどないと思います。

 

しかし、明らかに劣化が見えてからの補修は逆に多くの費用がかかる可能性があったり、その部分だけではなく内部まで水が染み込んで大きな工事が必要になるということもあるそうです。

 

ということで早めの対策ということで足場を組んで外壁や屋根のメンテナンスをすることになるかと思いますが、足場の費用10万~20万くらいということで結構バカにならない値段がします。

 

必要経費として毎回組み込まれる足場のコストというのはできるだけ少なくしたいとこですよね。

 

劣化した箇所だけ直すために足場を組んでたりしたら、一回あたりの金額は少なくすむかもしれないですが、また5年後くらいで他の場所の補修が必要になってまた足場に10万以上かかるってことも考えられるので、少なくとも5年先くらいまでのメンテナンスを見越して一括でやっておくことが良いと思います。

 

劣化が見られやすいのがコーキング部分になる可能性が高いので、コーキングの補修に合わせて外壁、屋根のメンテナンスも組み込んで補修する家が多いとのことでした。

 

一番多い窯業系サイディングのメンテナンス目安は、メーカー推奨では10年以内となっているので見た目は大丈夫なように感じても、一回専門家の目で見てもらうのが安心のためには一番です。

 

しかも、点検は無料でやってくれるところが多いので、現状把握のためにも一回見てもらい複数社比較してみるのが良いと思います。

 

 

 

まとめ

家のメンテナンスをする際にできるだけ費用を抑えたい気持ちは痛いほどわかりますが(かなりの金欠なので)、長い目でみてコストを抑えるためのプランを検討する事が大事になってきます。

 

わかりやすいところでは足場を組む回数を極力減らす、そして壁や屋根も長持ちするプランを選択するといったところで、トータルでのメンテナンス回数を抑えるということが、初期費用が多くかかったとしても結果的には安く済む可能性があります。

 

 

正直家を買っちゃえば後はローンを返すだけと思っていましたが、35年の住宅ローンを払ってる最中にメンテナンスでもローンを組むことになってしまうので、コストを抑えつつ安心のマイホーム生活を送れるプランを立てていかないといけないなと思います。

 

 

では色々と調べたり比べたりで大変ですが頑張っていきましょう☆

 

外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】

 



 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

-

Copyright© スロットパパさんのお役立ちブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.