三児のパパです。子育て、埼玉・東京レジャースポット情報、その他役立つ(かも)情報を更新☆

スロットパパさんのお役立ちブログ

コウモリ駆除は市役所で補助が出ない場合が多い 業者に直接依頼で対処

更新日:

コウモリが家に居付いていた場合、2階の換気口や屋根裏に入り込んでいると自分で対策するのは難しいので業者に頼まないといけないなとなると思います。

うちもコウモリに入られていまっていたため、あわてて複数の駆除業者に見積りをとったり、何をやらなければいけないか等を調べてバタバタとしました。

調べている途中で、市で補助出たりしないのかな?と疑問に思って調べてみましたが、残念ながらコウモリは補助対象外とのことでした。

今回はそこで調べたことを少し記事にしておこうと思います。

最短30分で害獣のトラブルを解決【害獣退治屋さん】

市役所ではコウモリ駆除の費用補助は無い場合が多い

スズメバチの巣を見つけた場合は市に連絡するみたいな話は何度か聞いたことがあったので、コウモリも駆除費用とか出してくれたりするのかなと疑問に思い、自分の市の市役所のホームページを調べてみました。

結果、コウモリについては補助制度はなく、業者を紹介したりならできますといったことが書かれていました。

今記事を書くにあたって周辺の4つの市のホームページでも同様に検索してみたところコウモリについてはまったく書いていなかったり、やはり同様に業者の紹介はできますといった内容であったので、コウモリの駆除費用については市の補助は無い場合がほとんどのようです。

スズメバチについては自分の市や他の市でも駆除費用の補助を出しますということは書かれていたのですが、市が認定している業者に依頼をしたうえに、駆除費用の1/3、最大1万円までの補助という記載だったので、あまり大きな補助というわけではないのだなと思いました。

住んでいる市町村によって補助の有無と補助内容も変わって来ると思うので、コウモリに対してはあまり期待できませんが、実際に業者に依頼する際に一旦市のホームページも確認してみた方が良いと思います。

やはり、スズメバチについては緊急度合いやリスクが違うため補助が出る自治体が多いのですね。

家にコウモリがいた時の対処方法

業者に頼まないといけないなとは思いつつネットでコウモリ駆除に関して調べてみたところ、コウモリ駆除でやらなくてはいけないことは

・コウモリの追い出し

・侵入経路の封鎖

・糞の清掃

・消毒

という工程が必要になります。

ネットで自分でやったという記事も一部ありましたが、だいたい小さな換気口一箇所で範囲も壁の厚さくらいの範囲とかを掃除したような話だったので、うちのような24時間換気装置の場所まで3〜4mにわたる換気の管を行き来しているのとは明らかに規模が違います。

また、コウモリの出入り口となっていると思われる換気口の位置が二階の天井近くの高さとなるので、どうやっても個人がハシゴで登るには無茶な高さになります。

そのため、ほとんどの作業が個人でやるのは無理なことと判断しすぐに何処の業者に相談すれば良いかを調べました。

ネットで調べるのも良いですが、そのエリアで対応可能なおすすめ業者を紹介してくれる以下のような場所で害獣、害鳥駆除の問い合わせでコウモリ駆除について相談すれば対応してくれます。

最短30分で害獣のトラブルを解決【害獣退治屋さん】

やはり、コロナでコウモリに対して警戒度が上がっている中では専門業者による再発防止のための侵入経路の封鎖と清掃・消毒作業までしっかりとやってもらわないと不安が残りますよね。

実際に現地見積もりを2社でとったところ、同様な作業内容で5万円近くの差があったので、具体的な作業毎にいくらでやってくれるのかをしっかりと把握して決めるのが大事なことだと思います。

急いで駆除してほしい気持ちもわかりますが、安心して任せられる業者を選ぶためにも2社は現地確認してもらって無料見積をとった方が良いと思います。

【コウモリ駆除navi】



まとめ

コウモリについては市からの補助金は期待できない場合が多いので自分で業者を探して依頼しないといけなくなります。

業者によっても料金はちがってくる場合が多いので、最低2社は現地無料見積もりをして適正価格で再発防止の対応までしてもらいましょう。

最短30分で害獣のトラブルを解決【害獣退治屋さん】

【コウモリ駆除navi】



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村    
パチスロランキングへ

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ記事

-

Copyright© スロットパパさんのお役立ちブログ , 2021 All Rights Reserved.